活用事業ご紹介

寄附金の活用先

  • 生活安全に関する事業

    安心して暮らせる美しいまちを目指し、情報基盤整備や上下水道の整備、環境保全や治安維持、災害対策など様々な施策を推進しています。また、交通安全対策や防犯対策に力を入れ、特にボランティアによる青色パトロールを年間を通じて行うなど、安心安全のまちづくりに取り組んでいます。

  • 健康・福祉に関する事業

    保健、福祉、医療の充実はもちろんのこと、お年寄りや障害者への支援を行っています。また、少子高齢化時代に対応した生きがいづくりの推進や、子育て環境の充実に取り組んでいます。

  • コミュニティに関する事業

    地域コミュニティが主体となって行う自主活動を支援し、世代間交流を促進するなどコミュニティ活動の活性化に取り組んでいます。また、地域交流、国際交流なども積極的に促進し、心と心のつながりを大切にしています。

  • 環境保全に関する事業

    八頭町の豊かな自然は、町の宝です。この大切な自然と共生しながら、次世代へと伝承するのが私たちの役目です。現在、ごみの減量化や分別収集の徹底を図るなど資源リサイクル活動に取り組んでいます。また、町民と一緒になって、道路、河川の美化活動などを積極的に行っています。

  • 農林水産業に関する事業

    果樹や農産物など多くの特産品を、八頭町に住む人々だけでなく、もっと多くの人に伝える取り組みをしています。また、地域経済の活性化のため、地場農産物を小中学校、保育所の給食等に使用するなど食育、食農教育と連携をとりながら地産地消を推進しています。

  • 商工業に関する事業

    八頭町には歴史ある工芸品が数多くあります。この魅力ある伝統を誇りとして伝承に努めています。また、商工、観光部門に地場産業を巻き込んだ取り組みを図るなど、賑わいのあるまちを築くため、新たな振興策を展開しています。

  • 教育・文化に関する事業

    次代を担う子ども達が心身ともに、健康で心豊かな人間を育むよう地域ぐるみでスポーツ活動や人権教育に取り組んでいます。また、これまで守り育て、創ってきた伝統と文化があります。これらを大切にし、未来へ継承する取り組みが行われています。

  • 鉄道・バス等の公共交通に関する事業

    人口減少・少子高齢化の進展に伴い、公共交通維持は大きな課題となっています。 そのような中、若桜鉄道・コミュニティバスを運行し、住民の利便性を高めるとともに、将来を見据えた自動運転バスの実証実験に取り組んでいます。

  • 観光・交流に関する事業

    八東ふる里の森・安徳の里姫路公園・船岡竹林公園等の自然公園、隼Lab.・道の駅はっとうなどの人が集い、交流する施設等の整備や活用を図り、八頭町の魅力発信や関係人口の拡大に取り組んでいきます。

  • その他 町長が必要と認める特定の事業

    地方分権の確立や行政改革、環境問題の深刻化、高度情報化やグローバル化の推進、高齢化・少子化の進行など、私たちを取り巻く環境が大きく変化しています。このような状況の中、多様化・複雑化する町民ニーズに的確に対応するための施策・事業に取り組んでいきます。

活用例のご紹介

  • (R2年度)小中学校の児童・生徒一人一人にタブレット端末を導入

    文部科学省打ち出した“GIGAスクール構想”を推進することを目的に、町内小中学校に通う児童・生徒に対し一人1台のタブレット端末を導入しました。詳しくはこちらをご覧ください。

  • (R1年度)生ごみ分別収集を推進

    八頭町ではごみの減量化、資源の有効活用を目的に、各家庭から出る生ごみを分別収集し、その生ごみを原料として液肥を製造する事業を推進しています。詳しくはこちらをご覧ください。

  • (R1年度)営農支援センターの運営を支援

    八頭町と鳥取いなば農業協同組合が連携して設置する“営農支援センター”の運営に支援を行いました。営農支援センターは農家の様々な相談に関する窓口として活躍しています。 詳しくはこちらをご覧ください。

  • (H30年度)総合防災マップ作成事業を実施

    いつ起こるかわからない災害等から町民の生命・財産を守るため、“総合防災マップ”を作成、全戸配布しました。詳細はこちらをご覧ください。

  • (H29年度)小学校でのプログラミング教室を実施

    郡家西小学校と船岡小学校でクラブ活動時間を使ってのプログラミング教室事業に100万円を活用しました。詳細はこちらをご覧ください。

  • (H29年度)小中学校に大型ディスプレイを導入

    町内小・中学校の大型ディスプレイを設置する費用に360万円を活用しました。詳細はこちらをご覧ください。

  • (H28年度)小中学校に大型ディスプレイを導入

    平成28年8月、教育・文化に関する事業として、小・中学校の教育の充実をより一層図るため、町内小・中学校の全教室に大型ディスプレイ(電子黒板)を設置する事業に活用しました。
    PDFをダウンロード

  • (H29年度)保育所のLED化

    郡家・国中保育所の遊戯室の照明器具のLED化に140万円活用しました。詳細はこちらです。

寄附状況

※寄付金入力フォーム
年度 件数 金額
R2年度 3,027件 69,911,000円
R元年度 2,187件 57,470,510円
H30年度 1,102件 34,417,000円
H29年度 714件 14,966,000円
H28年度 914件 16,983,000円
H27年度 934件 18,256,000円
H26年度 61件 2,779,000円
H25年度 14件 1,305,000円